「ニキビの種類」知っていますか?種類ごとに対策・予防をご紹介!

投稿日:

鏡を見たときや肌に触れたときなど、ふとした時に気づく「ニキビ」。

ポツポツとできてしまうと目立ってしまい、メイクで隠しきれなくなることもありますよね。

ニキビは見た目が良くないだけでなく、痛くなったり痕になって残ったりなどデメリットしかありません。

しかし、ニキビに対して闇雲に対策を行っていませんか?

実はニキビには様々な種類があり、それぞれに適した対処法は異なってくるのです。

この記事では、

  • ニキビの種類
  • ニキビの種類ごとの対策法

について解説していきます。

ニキビの対策にお困りの方はぜひ参考にしてみてください!

ニキビの種類

ニキビは、毛穴から排出しきれなかった皮脂が角質・ほこり・メイク成分などの汚れと混じり合って詰まってしまうことでできます。

この詰まった汚れが酸化して固まると「角栓」と呼ばれるものになり、毛穴を塞いで様々な肌荒れを引き起こしてしまうのです。

それでは、ニキビの種類をそれぞれ見ていきましょう。

黒ニキビ

黒ニキビは角栓が大きくなり毛穴が開くことで作られます。

毛穴が開き角栓の先端が空気に触れると酸化し、黒ずんだのが黒ニキビです。

鼻や頬にできやすく、

炎症は起こしていないので痛みを感じることはありませんが、放っておくと細菌が繁殖して悪化することがありますので油断は禁物です。

白ニキビ

白ニキビは角栓によって詰まってしまった毛穴に皮脂がたまり、毛穴と表皮が膨らんでしまった状態のことをいいます。

白ニキビも炎症を起こしてはいませんが、黒ニキビと同じように非常に炎症を起こしやすい状態です。

黒ニキビと比べて凹凸が大きく目立つので、つい指で触ったり潰してしまいがちですが、そういった不用意な行動は絶対にやめるようにしましょう。

ばい菌が入ってしまうと炎症を起こすだけでなく色素沈着の原因にもなりますので適切な対応が必要になります。

赤ニキビ

赤ニキビは、黒ニキビや白ニキビが炎症を起こしてしまうとできるニキビのことをいいます。

毛穴や表皮に存在するアクネ菌やブドウ球菌といった菌が毛穴の中で繁殖してしまうと、白血球などが菌を攻撃するため周囲の細胞も傷つき、赤く腫れ上がってしまうのです。

また、この赤ニキビの症状が進行すると膿がたまり、赤ニキビ+白ニキビの2つの症状が発生してしまうことも。

触ると痛みを感じ、赤みや色素沈着が発生したり、ひどい場合には凸凹が残ったりもします。

ひどい赤ニキビは自分でケアをすることが難しくなることもあります。

ニキビの種類ごとの対策法

黒ニキビの対策法

黒ニキビは無理に押し出さず、毎日の洗顔を丁寧に行うことで改善させます。

小鼻や眉間の周辺などのポツポツ毛穴が気になる部分は、フェイス用のオイルでくるくるとマッサージしてあげることも効果的です。

また、今使っているメイクアイテムやスキンケアアイテムを見直してみましょう。

油分が多すぎると毛穴に汚れがたまりやすくなるので、黒ニキビができる確率も上がります。

過剰な保湿も肌によくありませんので、自分に合った適切なアイテムを使うことが大切です。

白ニキビの対策法

フルーツ酸が配合された石鹸で軽いピーリングを行うと、余計な角質や油分が取り除かれるので白ニキビが落ち着いていくでしょう。

乾燥はさらに皮脂の分泌を増加させてしまうので、ケアのあとの保湿は丁寧に行うようにしましょう。

白ニキビは炎症が起こる前の状態なので、決して触らず悪化させないようにしてください。

赤ニキビの対策法

赤ニキビには炎症を抑えるビタミンCを含んだアイテムが効果的です。

赤ニキビの膿が気になる場合は、消毒した針で小さく穴を開け、表面の膿だけ出してあげてください。

この際、あまりに奥の膿まで出し切ったり、爪で押したり絞ったりなどすると肌が傷つき、炎症をさらに引き起こしてしまうことになります。

あくまで出すのは表面の膿だけにとどめ、あとはニキビ用のクリームを薄く塗って自然治癒力に任せましょう。

炎症がひどい場合はホームケアでは治しきれない場合があるので、皮膚科に行き診断を受けてください。

まとめ

女性は毎月ホルモンバランスが変化する上、メイクを毎日する方もおり、ニキビができやすい環境であることが多いです。

ニキビができてしまっても放っておくことなく、適切なケアをしていきましょう。

この記事をあなたの美肌づくりに役立てていただければ幸いです。

Copyright© アットベリーはデリケートゾーンにも効く!口コミで分かる効果【2019最新】 , 2019 All Rights Reserved.